就職説明会での質問をする場合について

多くの人が、就職活動のために、まず説明会に行くのではないでしょうか。説明会には多くの企業が参加しているので、いろいろな業界や会社の情報を入手することができます。しかし、漠然と就職説明会に来て、何となく話を聞いているという参加の仕方では、結果的に損なこともあります。就職説明会は、大小様々な規模で行われており、数百人の大規模なものから、2~3名程度の小規模のものまで、企業や業態によって多種多様です。企業に関する説明を、室内のスクリーンに映し出すというスタイルをとるところもあります。大手企業の就職説明会では、テレビや雑誌で顔を見ることもある名の知れた実業家の話を聞く機会を得られることもあります。小さな就職説明会では、数年前に採用されて、今は第一線の職員として仕事をしている人が、今に至るまでの話をしてくれたりします。そんな多種多様な就職説明会において、共通して最後に行われるのが質疑応答です。せっかく参加者側から発言ができるチャンスがあるのに、人の話を聞くだけでは、結果的に損なことになります。大規模であれ小規模であれ、質疑応答の時に印象を与えるような質問をしている人は、必ず企業の担当者に覚えられています。わからない点を聞くのが目的ではなく、採用担当者に自分のことを覚えてもらいやすいように、質問の時間を使います。そのため、もしも就職説明会に参加するならば、前もってその企業についてリサーチをすることで、突っ込んだ質問ができるようになります。
引越し見積もりが安い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です